セキスイハイムのパルフェで猫と暮らすブログ

猫との快適な暮らしを求めてセキスイハイムのパルフェで家を建てます。

外構・エクステリア

外構工事のやり直しが完成したらしいけど、これってまだダメだよねというお話

更新日:

外構工事、完成していないですよね

こんにちは。

前回はかろうじて別の話題を書きましたが、今回はやり直しが終わりましたとの連絡を受けた外構工事についてまた書いてみたいと思います。

今までの外構工事の流れについてはこちらからどうぞ。

延期になった引き渡し日
ミスやら不備やらで我が家の引き渡し日が延期になりました

こんにちは。 なかなかブログの更新ができていませんが、家づくりは終盤に差し掛かっています。 内装工事は前回の記事に書いた通りでほぼ終わっており、外構に関しても今月の半ばあたりにはもう完成といった形にな ...

続きを見る

勝手に変更をする外構工事
現場判断で相談や報告もなく勝手に図面と違う形で進める外構工事…さすがに今回は怒ってます

こんにちは。 先日の記事で書いたアプローチの目地のズレや、その他の外構工事等でおかしな部分についての打ち合わせをしてきました。 結果から書いてしまうと可能な限りやり直しをさせていただくとのことですが、 ...

続きを見る

13か所の外構工事のミス
13か所にも及ぶセキスイハイムの外構工事のミスや図面との違い

こんにちは。 昨日の話になりますが、図面と違う内容で勝手に進められていた外構工事をどうするのか、どのように対応をするのかの打ち合わせ、話し合いを行ってきました。 間取りを決めているとき、内装や外構計画 ...

続きを見る

何のやり直しなのかおさらい

そもそも外構工事は何をやり直すのか、以下のような図面との違いや不備があったためです。

(1)計画外の箇所にフェンスあり(知らなかった)
(2)スポットライトの位置が図面と違う(知らなかった)
(3)アプローチと階段のタイルの目地のズレ(知ってた)
(4)車止めの段と階段の一段目のズレ(知ってた)
(5)階段の一段目の出幅が小さい(知らなかった)
(6)階段の半端な石の位置が違う(知ってた)
(7)階段の斜め部分の石の貼り方が違う(知らなかった)
(8)ポール灯の取り付け漏れ(知らなかった)
(9)目地とステップの位置が合っていない(知らなかった)
(10)インターホンの高さが違う(知らなかった)
(11)手すりの格子がない(知らなかった)
(12)アプローチの幅が広い(知らなかった)
(13)猫ライトの位置が高い(知らなかった)

それぞれ図面通りにできるところはその通りに、できない場合でもなるべく近づけるとのことで話が付いています。

立ち合い前に自分たちで確認

先週の金曜日、上記の外構工事のやり直しが終わったので見に来てほしいと現場担当の方から連絡を受けました。

正直、現場の工事に関しては信用ができていません。

ゆっくり見にくい立ち合い時ではなく、自分たちで自由にしっかりと確認ができるようにと立ち合い前に見に行くことにしました。

立ち合いは連休明けの火曜日ということになったので、電話を受けた翌日の土曜日に現地に行って見てきました。

パッと見、アプローチと階段の目地も合っているし、その他の上に挙げられている箇所は大体は修正されているしまぁまぁちゃんとやってるのかなと思いましたが、残念ながらそんなことはなかったようです。

というより、新たにおかしな箇所が出てきているので困ってしまいます。

取付忘れのポール灯は付いていたけど…

玄関前の植栽の横に設置するはずだったポール灯が付いていなかった問題。

これは当然ながら付けられていましたが、ちゃんと付いているかというと何とも言えない状態になっています。

画像の赤丸部分、「LIXIL」のシールが貼られている部分が前面に来ています。

ポール灯の前後

これ、普通は後ろ側にくるものですよね。

ポール灯に前後なんてありませんとか言われても困るのですが、実際にちゃんと取り付けられていた別の箇所のポール灯に関してはシールは後ろ側になっています。

ポール灯の前後2

付け忘れていたポール灯を付けるとき、わざわざ狭い後ろ側に回ってそっちが前面だと思って付けたのかってぐらいです。

実際には特に考えもなく、はいはいって感じで付けたからこうなっているんだと思いますけどね。

化粧ブロックの欠けやズレの問題

我が家ではリビングの引き違い窓から出られるところに、ちょっとした庭というかスペースを設けています。

そこは化粧ブロックを4段とか5段とか積んであるのですが、その化粧ブロックの積み方が雑というか、扱いが何か酷いなぁというのがあります。

例えばこれ。

化粧ブロックの欠け

赤丸で囲った部分、化粧ブロックが欠けています

また、この画像だけを見ても分かりますが、積み方がズレすぎているということ、上下の化粧ブロックをくっ付けるためのセメントみたいなものの塗り方もあまりにも雑です。

遠目から見るとこんな感じです。

化粧ブロックのズレ

何かところどころ汚いというか、こんなものですよと言われればそうなのかもしれませんが、これだけ色々と不具合などが出ていると「これもおかしいんじゃないか」と思ってしまうのです。

まぁこれも現場で作業をした人に問題があったそうなので、やっぱりおかしかったみたいです。

こうなると粗探し、もはやクレーマーみたいに思われそうでもう本当は何も言いたくない、指摘もしたくないんですよね。

化粧ブロックの端の積み方も雑な気がする

化粧ブロックはぐるっと半周をするような積み方がされているのですが、端の部分、建物の基礎にくっつく部分はこのようになっています。

化粧ブロックの端

何か雑じゃないですか?

ブロックの1段目と2段目は基礎を塗った塗料で基礎とくっつく部分は塗られているのに、3段目は何もされていません。

塗るなら塗る、塗らないなら塗らないで統一してくれればいいのに、こういう意図が分からない作業をされるのは本当に勘弁してほしいです。

意図など何もなく、何となくでやってるんでしょうけどね。

化粧ブロック上の庭のようなスペースにも問題あり

化粧ブロックで囲われた庭のようなちょっとしたスペースのようなところは、スポットライトの位置が明らかにおかしくなっていたりと問題があった箇所です。

スポットライトはちゃんと図面通りの位置に動かされており特に問題はなさそうでしたが、そのときにやらかしたのか、砂利の下に敷かれている防草シートがまた雑な仕事となっていました。

ちょっと分かりにくいのですが、以下の赤丸で囲った部分です。

防草シートのめくれ

防草シートの端の部分が揃えられておらず、めくれている状態です。

これでは雑草が隙間から生えてきて根付くこと間違いなしで、防草シートの意味があるのかすら不明です。

ちなみに、画像には入っていませんが同じような防草シートのめくれは近い箇所にもありました。

作業をされる方の力量というか質というか

化粧ブロックの話ですが、我が家では同じものが上に挙げた部分だけでなく、北側の隣家との境にも積まれています。

北側の化粧ブロックもこれぐらいに雑な積み方がされているのかというとそんなことはなく、パッと見でズレや欠けも特になく、きれいに積まれていました。

この違いが何かというと、同じ外構業者でも作業をした人が違うようで、その人の力量というか質の違いだそうです。

北側の隣家との境のブロックを積んだのはうまい人、欠けたりズレまくりのところは下手な人、雑な人が担当したということです。

人による違いはどうにもならないかと思いますが、だからといってそれで良しとするのではなく、ダメな部分はダメで完成前にどうにかすべきだと思うんですよね。

どうなるのかという後日の話

自分たちで確認をしたのが土曜日。

その後の連休明け火曜日に現場担当、営業担当の方も含めて現地でやり直しをした箇所の説明を受けながら見た際に、上に挙げたこれらの不具合というか気になる箇所について伝えました。

その日の夜、現場担当の方から連絡があり、今後にどのようにするかを話したいとのこと。

早いほうがいいということで翌日の水曜日(昨日)、またまた現地まで行ってきました。

結果、すべてやり直しということになっています…。

  • ポール灯は前後逆なので向きを揃える
  • 化粧ブロックは一度外して積みなおす
  • 防草シートはこの箇所含めて全箇所確認をする

とのことです。

他にも細かなやり直しの箇所、調整をする部分があるのですが、大きなものとしてはこのあたりになります。

何度やり直すのか、そのたびに現地に行って自分たちで確認をしたり、おかしな箇所を伝えたりしなければならず、両者とも時間も食ってしまうのでそろそろしっかりと決めてほしいです。

信用ならない外構業者

ここまで外構工事を担当している外構業者は同じであり、正直なところ、自分たちとしてはその業者は一切信用していません

そのことははっきりとセキスイハイムにも伝えており、ちゃんとやってくれるのか、何度もやり直しになって外構業者的にも面白くないのではないかという話はしています。

それでも外構業者を変えるのは難しいそうなので、人材を選んでちゃんとできる人に今回はやってもらうようなことを言っていました。

本当にそんなことができるのか、ちゃんとやってくれるのかは分かりませんが、とにかくいい加減しっかりとやってくれってだけです。

ちなみに、この外構業者名をGoogle検索に入れて検索候補のサジェストを出すとこうなります。

エクステリア黒石 最悪

昨日までは「最悪」が一番上、サジェストを調べるサイトに入れても「最悪」が一番上なのですが、こちらの検索環境の問題ですかね。

ここまでの我が家の状況を見ても、「最悪」と言いたくなる気持ちも分かります。

この外構業者は本当に大丈夫なのかと問い詰めたいです。

引き渡しはいつになるのか

ここから外構業者とセキスイハイムが話を合わせ、工事に必要なものを発注、人材の手配などもあるでしょうし、引き渡しはいつになるのでしょうか。

先日の話だと今月末ぐらいにはいければいいかなのようなことを言っていた気がしますが、なかなか大掛かりなやり直しになるのでどうなるのかは不明です。

別に急いでいるわけでもなく、引き渡しはいつでもいいのでとにかくしっかりと決めてくださいってだけです。

ただまぁ、ここまでの外構工事に関するセキスイハイムとのやり取りを振り返ると、結果的に外構はセキスイハイムに頼んで良かったというか、マシだったかなという部分もあるのかなと思わないわけでもないです。

思わないわけでもないというより、どちらかというとそう思うようにして自分を無理やり納得させてるだけなんですけどね。

そのあたりの考えというか、セキスイハイムで外構を頼んで良かったかもしれないということについては、また書いてみたいと思います。

セキスイハイムのエクステリアは高い?
セキスイハイムでエクステリアを頼むと高い?我が家の外構計画や値引きについて

こんにちは。 セキスイハイムのエクステリアは高い高いと散々言われています。 Googleで検索をする際に「セキスイハイム エクステリア」と入れると候補に「高い」も出てくるほどです。 そもそも家づくりに ...

続きを見る

使う方、増えてます! 注文住宅の間取り・プラン・土地探し…
家づくりで失敗したくない方が多数利用中!

-外構・エクステリア

Copyright© セキスイハイムのパルフェで猫と暮らすブログ , 2020 All Rights Reserved.