セキスイハイムのパルフェで猫と暮らすブログ

猫との快適な暮らしを求めてセキスイハイムのパルフェで家を建てます。

内装・インテリア

リビングの照明計画を失敗したかもしれない…

更新日:

リビングの照明を失敗したかもしれない

こんにちは。

先日、猫用ステップや照明などの確認も含めて、セキスイハイムの展示場でインテリアの最終とも言える打ち合わせをしてきました。

打ち合わせ中には特に問題は感じず、シーリングファンを大きいサイズに変更をするなどしかしなかったのですが、帰ってきて照明の配置図を見ていたところ、なかなか気になる点が…。

リビングの明るさが不足しそうなのです。

完全に見落としていたポイント

リビング周りの間接照明ばかりを気にしていたこともあり、肝心のリビングの灯りについては見落としていました。

吹き抜けがあるので照明の配置は難しいかと思いますが、リビングを照らす灯りがリビング横の作業スペースのダウンライトと、吹き抜けに付けたスポットライトのみとなってしまっているのです。

吹き抜け部分に設置がされるスポットライトはこちらでマークを付けましたが、照明の配置図としては以下のようになっています。

リビングの照明問題

リビングの角に光は届くのか問題

昼間は吹き抜けからの光も入るので明るさには何の問題もないのですが、気になるのはカーテンを閉める夕方以降。

この状態だとリビング左の作業スペースのダウンライトからの灯りと、吹き抜けに設置をする2つのスポットライトしかリビングを照らしません。

最もリビング寄りのダウンライトの位置からリビングの端までの距離は、大体3.5~4m程度。

この距離でリビング全体って明るくなりますかね…?

吹き抜け部分のスポットライトからリビングの端までは3m弱ぐらいなのでそこの灯り次第ですが、どっちにしてもこの状態だとリビングの明るさは均等にはならず、画像右下のリビング端に行くにつれて徐々に暗くなってしまいそうですよね。

今からの照明追加が間に合うのかどうか

先日にシーリングファンを変えた際に、照明関連の変更についてはまだ間に合いそうなことをインテリアコーディネーターの方が言っていました。

ただ、間に合うというのが

  • 付いている照明の色を変更するだけなら間に合うのか
  • 照明を追加したりするのが間に合うのか

のどっちなのかは分かりません。

そのときは証明を追加するなどは考えてもいなかったので、照明追加が間に合うかどうかまでは聞いていません。

新たに追加となると電気系統の関係もあって難しそうな気もしますが、もし難しかった場合、リビングの照明はどうしようかとちょっと悩ましいところです。

今日から建物の基礎工事が本格的に始まるぐらいには進んでおり、このタイミングで照明の追加となるとできない予感もしなくもないですが。

昨夜に担当の方に画像付きでメールを送っているので、返信待ちですがかなり気になってしまいます。

照明が追加できなかった場合

今からの照明の追加が難しく、いざ住んでみて不安が的中してリビングの明るさが不足していた場合が困ってしまいます。

以下の赤丸が囲った部分周辺が特に明るさが不足しそうなので何とかしなければなりませんが、その場所はスタンド照明などは置けません

リビング角の照明問題

この箇所の上部には、吹き抜けに設置をしているL字のキャットウォークに上がるための猫用ステップが段々に付けられている箇所で、ステップに上がるための背の低いキャットタワーを置く予定となっています。

照明などの何らかの物を置くことはできないので、照明が付けられないとなると何か別の方法を考えなければなりません。

かと言って画像の下部分となるリビングの壁にライトや間接照明を付けるとしても、そこの上にはキャットウォークがあるのでごちゃごちゃして見栄えが悪くなりそうです。

シーリングファンはライトなしのものにしているのでライトを付けるという方法もありますが、吹き抜けの上となる2F天井に付けるシーリングファンからのライトで、リビングに十分な光が届くとも思えません。

間接照明を付けたいってことばかりを考えていて、完全にこちらの確認ミスでした。

照明にこだわりがなさすぎた結果?

我が家はインテリア関係に特に大きなこだわりがあったわけではありません。

それでも玄関周りはエコカラットを貼ってみたり、フロアタイルを敷き詰めたりなどはしていますが、照明に関しては間接照明はどこかに欲しいぐらいで、他はダウンライトやシーリングライトで十分といった内容です。

家づくりとお金
家づくりでお金をかけたところ、かけなかったところ

こんにちは。 家づくりでどうしてもぶち当たるのが、お金の問題です。 お金を無限に使える方は何も気にすることもありませんが、そんな方はそう多くはありません。 我が家を含む一般庶民からすると、家をつくる際 ...

続きを見る

ダイニング上の照明もおしゃれな釣り下がったペンダントライトなども付けず、すべてダウンライトとなっています。

これが照明に少しでもこだわりがあれば早い段階で気付けたかもしれませんが、あまりにも無関心だったため、確認も疎かになってしまっていたようです。

こうなると他のあまり関心がない場所についても、何か大きな確認ミスがありそうで怖いですね。

あくまですべてこちらの責任

リビングの照明に関しては途中で話が変わったなどといったものではないので、すべてこちらの確認ミス、責任となります。

もう今の段階では照明の追加が無理と言われてしまえばそれまでですが、何とか間に合ってほしいところです。

照明関係に限らずですが、打ち合わせの際の確認はやっぱり大事で、帰ってからの再確認もしっかりとしなければいけませんね。

この照明問題、どうなるかについてはまた書きたいと思います。

使う方、増えてます! 注文住宅の間取り・プラン・土地探し…
家づくりで失敗したくない方が多数利用中!

-内装・インテリア

Copyright© セキスイハイムのパルフェで猫と暮らすブログ , 2020 All Rights Reserved.