セキスイハイムのパルフェで猫と暮らすブログ

猫との快適な暮らしを求めてセキスイハイムのパルフェで家を建てます。

見積もり

スマートパワーステーションとパルフェの価格差

更新日:

セキスイハイムのパルフェ

こんにちは。

セキスイハイムには様々な商品が用意されています。

商品によって価格や選べるオプションに違いがありますが、中でも制約を抑えて自由度の高い間取りやオプションが選べるのがパルフェです。

フランス語で”完全・完璧”を意味するセキスイハイムのフラッグシップ「パルフェ」。その名にふさわしい邸宅としての性能を追求しました。堅牢優美な外観デザインと環境・快適・安心を追い求めた、確かな住性能が、理想の毎日を実現します。すべては、美しく豊かな暮らしのために。

鉄骨系住宅「パルフェ」 | 商品紹介 | セキスイハイム
https://www.sekisuiheim.com/lineup/parfait/

セキスイハイムの中でも最も高いグレードとなりますが、やはり価格もそれに応じてどうしても高くなってしまいます…。

スマートパワーステーションとパルフェの見積もり

我が家は希望の間取りがスマートパワーステーションではできないとのことで、スマートパワーステーションで契約後にパルフェに変更をしました。

その際の見積もりが以下となります。

スマートパワーステーションとパルフェの価格差

パルフェに変えると1.5坪広くなるとは言っても、300万円超のアップとなりました。

間取り変更によってプランも変更に

我が家の場合、契約時に進めていた間取りは契約後に大幅に変更をしてしまいました。

当初はそんなにこだわる予定がなかった間取りも、話を進めているうちにあれがいいこれがいいといったものが出てきてしまい、結果的に大きく変えることになりました。

その際にスマートパワーステーションでは建蔽率の関係で希望する間取りができそうもない、パルフェへの変更なら可能とのことで、間取りを妥協してスマートパワーステーションで進めた場合の見積もりと、希望する間取りでパルフェに変えた場合の見積もりを出してもらったのが上の画像です。

スマートパワーステーションで28,800円下がっているのは、建坪が0.5坪増えても太陽光が少なくなった分などでほぼ相殺だったようです。

画像では切っていますがこの時点では概算と上に大きく書かれているのですが、最終的にほぼこの通りの価格差のまま進みました。

スマートパワーステーションとパルフェではいくら変わる?

我が家の見積もりの場合には建坪がスマートパワーステーションとパルフェで多少変わるので参考程度となりますが、多めに見て1坪あたり8.5万円ぐらいの上昇を見込んでおけば良いのかなと思います。

35坪の家なら大体300万円ほど、パルフェに変えると300万円アップというのも良く見るので妥当なラインではないでしょうか?

パルフェだからこその特徴

価格や高くなるだけあって、パルフェはセキスイハイムの他鉄骨系商品と比べて様々な点で強くなっています。

  • 間取りの自由度が高い
  • 外壁は選びたい放題
  • 窓枠の色も選べる
  • 天井を高くできる
  • 壁の角の部分が斜めになる
  • 保証が20年から30年に延長される
  • 選べるオプションが多いかも

などなど、他にも何かあった気がしますが、とにかくすごいのがセキスイハイムのパルフェです。

ただ、希望する間取りがパルフェじゃないとできない、スマートパワーステーションの四角い屋根が嫌だなど、絶対に譲れない条件があるとかでもなければ、わざわざパルフェにしなくてもスマートパワーステーションで十分だとも思います。

スマートパワーステーションでも不満はない

我が家の場合、スマートパワーステーションの屋根の形だと建蔽率に引っかかってしまうなどの関係で、希望する間取りを実現するためにはどうしてもパルフェにしないといけなかったようです。

当初は建物の形を正方形に近い四角にしていたのですが、見た目がどうしても好きになれなかったため、L字に変更をしました。

建物をL字にしてもスマートパワーステーションだと屋根は四角いままで、屋根の分だけ建蔽率を食ってしまうなどで間取りにいくつかの問題点が生じてしまったのです。

それを解消するためには屋根を建物の形に合わせたものに変更をする必要があり、その候補として挙げられたのがパルフェでした。

そんな事情でもなければレジデンスタイルの選択もでき、間取りも決して自由度が低いわけではないスマートパワーステーションでも何ら問題はありません。

外観の好みなどもあるので人にもよりますが、スマートパワーステーションとパルフェの300万円の価格差を考えると、スマートパワーステーションにで建ててその分を他オプションなどに使った方が有意義と言えるのかもしれません。

高い天井で解放感アップ!

パルフェの大きな特徴とも言えるのが、天井高を上げられることです。

天井高を上げるとやはり開放感が増すため、部屋も広く見える効果があります。

しかし我が家の場合、北側斜線の関係で天井高を上げてしまうと南側に建物を寄せなければなりません。

南側に寄せると南西方向にある駐車スペースが狭くなる、南玄関となっているために玄関までのアプローチが大きく狭まるなどの問題が生じます。

天井高を上げることで建物がずれる

ざっくりとした絵にはなりますが、もともとの建物の位置がグレーの線で、天井高を上げることによってずらさなければならないのが赤線の部分です。

せっかくパルフェにするなら天井高を上げたいなと思っていたのですが、ここまで駐車スペースにゆとりがなく、アプローチも狭くなるのも嫌だったので天井高を上げるのは諦めました。

また、窓枠も特別なものに変えたわけでもありません。

それでもパルフェにしたことによって屋根が四角ではなく建物に合った形になり、外観もある程度は希望通りにできたので個人的には満足しています。

パルフェにしたことの満足感

もうここまでくるとただの自己満足でしかないのですが、パルフェにしたことによる満足感はあります。

営業の方もパルフェは初めて担当をしたとのことで、良い買い物をしたのかなと思います。

初めて担当をしたとは言ってもその営業の方はパルフェで建てているのですが、自分の家とは言っても自分が担当をするわけではないそうなので、まぁ間違ってはいませんね…。

パルフェでもできないこともある!

スマートパワーステーションや他商品ではできないことでもパルフェならできる部分は多いですが、だからといってパルフェなら何でもできるわけではありません。

例えば、いくらパルフェであってもユニットをまたいでの風呂場の設置ができないというルールはあるので、風呂場をはじめとする水回りは配置を変えたい考えもあったのですが変えられずでした。

パルフェならできることが多いのは事実ではあるのですが、そこはユニット工法である以上はどうにもならない部分もあります。

それでももし今、スマートパワーステーションや他商品で打ち合わせをしていてどうにも希望する間取りに落とし込めないといった方は、一度パルフェなら可能なのかを聞いてみるのも良いかもしれません。

パルフェならあれこれ動かせると分かれば、それをヒントに今の商品のままで希望する間取りに近い形ができあがる可能性もあります。

とにかく、困ったら何でも相談が大事なのです。

使う方、増えてます! 注文住宅の間取り・プラン・土地探し…
家づくりで失敗したくない方が多数利用中!

-見積もり

Copyright© セキスイハイムのパルフェで猫と暮らすブログ , 2020 All Rights Reserved.